好感度を上げるメール

スポンサード リンク 
トップページ > 恋愛心理 > 好感度を上げるメール

好感度を上げるメール

まいど! 太郎です。

今回のテーマは 「好感度を上げるメール」 についてです。

っつうか…メールがあまり好きではない俺が、 こんなテーマで書いても良いものなんでしょうかね~。 (リクエストがあったもので…)

メールとはいえ、読む相手は人間。 人の心理が関わってくるから、 基本的にはいつもと同じ様に好き勝手書かせていただきます。

そうそう、今回のお話は 「まだ親密な関係ではない相手とのメール」 を対象に書いています。

一番ニーズがありそうですからね。


メール本文は三部構成にする

【挨拶・本題・締めくくり】 の三つです。

ちなみに、このサイトの本文も大体この三部構成になってます。

人間、何事もテンポが大切です。
文章を読む時もテンポの良さはその文章のイメージを良くしてくれますから。
(そのお陰で、俺のような拙い文章力しか持ち合わせていなくても、「読み込んでしまいました♪」と偶にお褒めの言葉をいただけます)

10代~20代前半の人達の事は良くわかりませんが、 30代以上の人へのメールなら、挨拶・本題はちょっとカタめの書き方で。

締めくくりはちょっとユルめにした方が、シッカリした大人である事を見せつつ、 親近感・可愛らしさ・ちょっとした隙を与えられます。

大人の男って、基本的に軽い女性を本命にはしたがりません。 が!まったく隙が無い女性にも積極的になれません。

多数の男は、文章を書く時にはオフィシャルな頭に切り替わりやすいです。

普段はオチャラケ野朗でも、手紙・メールを書かせると、急にかしこまった文章を書く人いませんか?

これは 「文章を書く=授業で作文を書く」 みたいな名残があると考えられます。

遊びで文章を書いた経験が少ないんです。

本題はシッカリめに、締めくくりはちょっとユルめて、フレンドリーに…。

そうやって少しだけ緩急を付けることで、 最終行のフレンドリーさが際立ちますし、好感度が上がります。

そして、次に進みやすいメールになります。


質問は一つにすること

出会ったばかりの相手、しかもあなたが気になる相手なら、 いろいろと知りたい事も多いはずです。

でも、一通のメールに質問は一つまでにしましょうね。

もし、複数の質問を同時にされると、 質問攻めされているようで気持ちの良いものではありません。

それに「回答もれがあると失礼かも…」と何度も長文メールを読み返さなければならなくなります。

何を回答すれば良いのか?
どんな返信をすれば良いのか?
迷わせてしまうようなメールに返信するのは疲れます。

「疲れるメールだな」 ⇒ 「この人のメールは疲れるな」 ⇒ 「この人、疲れるな」

と徐々に変換してしまうのは目に見えています。


細かいニュアンスは伝わりにくい、よりストレートな表現を…

会話や電話なら、表情や声のトーンも加味して意思の伝達を行いますが、 文章のみで伝えるメールだと誤解されることもしばしばあります。

平均的な男女で考えれば、男性の方が鈍感です。

女性の言葉を文字通りにしか受け取らず、 裏に秘められた意図など気付きもしない事も多いですよ。

その事に気付かないと
「誘って欲しいのに…なんでいつまでも誘ってもらえないのかしら?」
と空回りさせられてしまう事にもなりかねませんよ。


相手の好きな分野・得意な分野の話題

男って、好みの分野を深くまで掘り下げる傾向があります。

興味を持つストライクゾーンが狭い! けど、そこに入ったらスッゴイですよ。

今まであまり乗り気でなかったメールのやりとりも、 得意分野の話となったら途端にノリノリ♪

あまりお勧めしない ”相談メール” ですが、 相手の得意分野の相談メールともなれば、逆にお勧めいたします。

知識があまりに深すぎて、一般人にはまったく興味が無いかもしれませんが、 ポイント取る為なら仕方が無い部分もあります。


ハートマークにドキドキ

女性って、深い意味なくハートマーク使いますよね。

俺…女性からのメールにハートマークが入っていただけで 「エェ!? これって…俺に気があんのか?」と無用に期待したのもです(笑)

俺だけじゃなく、男友達もおんなじようにオタオタしたそうです。

これ、今の若い人もそうなんでしょうか?

絵文字の種類も使う頻度も増えたんで、 そんなにハートマークの重要度も薄れてしまったかもしれません。

…ってことは、普段は絵文字を使う頻度を少なくして、絵文字のプレミア度を上げておく。

そして、ここぞと言う時にハートマークっていうのも効果的かもしれませんね。


■□■□■□■□■□

俺の青春時代はポケベルでした。 知ってます?ポケベル。

一通発信するのに、わずか20文字弱で連絡とってました。

しかも公衆電話ボックスで…懐かしいなぁ。

  • top
  • 恋愛
pickup
ページトップへ戻る
スポンサード リンク
Copyright(C) 男性心理暴露.com All Rights Reserved.