モテる女と愛し愛される女

スポンサード リンク 
トップページ > 恋愛心理 > モテる女と愛し愛される女

モテる女と愛し愛される女

まいど! 太郎です。

今回のテーマは 「モテる女と愛し愛される女」 についてです。

一見すると同じ様な表現ですが、俺なりに違いがあるんですよ。


■□■□■□■□■□

ある所にA子さんがいました。 彼女はルックス良し・スタイル良し・性格も良し。 と三拍子揃ったモテ女!

彼女の周りにはいつも男共が寄っていて、ひとたびフリーになろうもんなら 「俺と付き合ってくれ!」 の大合唱が始まります。

しかし、付き合っても短期間しか続かない。 結婚まで発展しない。 結婚してもうまくいかない。

パートナーと一緒にいられる幸せを感じない、等々…様々な不満を抱えていました。

同じタイプの女性でも、A子さんの様に何かが違う…と感じている人もいれば、まったく自覚の無い人もいます。

それは ”本当に愛された経験がないから” かもしれません。 人間、過去に経験の無い事には頭が回りませんから…。

下手をすると、 「私はモテるのよ♪」 と不満どころか、自信を持っているかもしれません。

周囲の女性が羨むほどの男性と付き合ったり、多くの男性から交際を申し込まれるから…。

挙句には 「私、男運が無くて…世の中にはロクデモない男ばっかりね」 な~んて言っちゃったりします。
(まぁ、まるっきりハズレってわけじゃありませんけど…)


さて、今度は ”愛される女” です。 外見は普通。 性格も普通。

そこら辺に普通にいる女性…B子さん。 (本来、人間に特徴・個性のない ”普通” なんて言葉があてはまるはずがありませんが、ここでは便宜上そうさせてください)

それほど多くの恋愛経験を持っているわけではありませんが、 そのどれもが充実したものでした。

結婚生活も充実していて、気がつけばもう ”仲の良いおじいちゃんとおばあちゃん” 

天気の良い日は、公園のベンチで2人並んでノンビリ過ごす。 最期まで愛し愛される女でした…。

俺の持っている ”モテる女と愛される女” の違いのイメージはこんな感じです。

では、両者の違いは何なのか?

それは、 ”絆の強さ” なんじゃないかと思います。


■□■□■□■□■□

ちょっとイメージしてください。 ここに二つのスポンジがあったとします。

そのスポンジからは無数の細い紐がありまして、 先端には洗濯バサミみたいなヤツが付いています。  (なんだ?この怪しい物体は…)

そして、それぞれから伸びる洗濯バサミが、 相手のスポンジ本体を掴み、掴まれしている。 これを人間関係としてみてみます。

スポンジ本体が一人の人間の心。 そして、掴み掴まれしている状態が絆。 ってことはこの絆の本数が ”絆の強さ” を現します。

お互いがお互いを全力で掴み合っていれば、そりゃ~も~絆は強いですね。

それこそスポンジ本体が見えないほど…そうなればすでに 「二つのスポンジ」 ではなく、 「一つの物体」 です。 (かなり怪しい物体ですね)

しかし、相手を掴んでいる絆ばかりで、掴まれている絆が無いとどうなるでしょう?

いつまで経っても一つの物体にはなれず、 「二つのスポンジが紐で繋がっている」 状態でしかありません。

どちらが強い関係で結ばれているか?は説明不要ですね。

さてこの洗濯バサミ。 いったいどういう時に掴み・掴まれするのかと言いますと…。


”相手に共感した時に掴み、相手に共感された時に掴まれます”


■□■□■□■□■□

さて、話をA子さんとB子さんに戻しましょう。

モテ女であるA子さんは、 ”相手に共感することばかりで、共感される事が少ない”と考えられるのではないでしょうか?

他人に共感されるには、シッカリとした自分の考え方を表現しなければなりません、 時には他人から反発されることもあるでしょう。

どんな男からも愛される為には、確固たる自分をハッキリと主張するよりも、 相手に合わせていた方が (相手に共感) 有利です。

とりあえず簡単に絆を作れますから…。

その点B子さんは、自分をハッキリと主張しながら相手も尊重している女性。

相手に共感する・される (掴まれる・掴む) がバランス良くなっているから、より強い絆を作れます。

ただし、自分を主張すれば良いわけではなく、 相手に共感してもらえるような素敵な考え方である必要があります。

よく 「愛は自己犠牲をも厭わない」 って言葉を聞きますが、強い絆で結ばれているカップルは一つの物体になっています。

つまりは ”相手は自分の分身・相手も自分の一部” みたいな気がしますので、相手を助ける為に自己犠牲だなんて思っていないかもしれません。

自分で自分を助けるのですから、 危険を顧みず必死に・ガムシャラに困難に向かっていけるはずです。

さて、アナタはA子さんタイプと、B子さんタイプ。 どちらを目指しますか?


注) 「ワガママ放題のお姫様みたいな女性がモテてるじゃないか!あれは愛されているのか!?」 と仰る方もいるでしょう。 ハイ、その通り! 愛されてはいますが、そういう人は相手に共感することがありませんので、絆は弱いままです。 A子さんの男女逆パターンと同じ意味ですので、最期までうまく行くことは極々稀でしょうね。

  • top
  • 恋愛
pickup
ページトップへ戻る
スポンサード リンク
Copyright(C) 男性心理暴露.com All Rights Reserved.